福岡県 福岡市 公正証書作成 公正証書で作成したい方ををサポート・支援します
公正証書作成支援室
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

公正証書の効力

公正証書の3つの効力
1.証拠力
2.債務名義
3.心理的圧力


強制執行について
 
強制執行とは

強制執行手続きの流れ
・公証役場での手続き
・裁判所への申立
・費用(公証役場及び裁判所)


公正証書にできる契約内容
 
離婚協議書
*当事務所のホームページ

遺言書
*当事務所のホームページ

金銭消費貸借契約
*当事務所のホームページ

示談書・合意書
*当事務所のホームページ

離婚時の年金分割

任意後見契約

贈与

扶養

土地・建物賃貸借

使用貸借

売買契約


   
私文書の認証とは
・認証の効力
・対象となる文書
・手数料

私文書認証の活用ケース

確定日付の利用について
 
確定日付とは
・確定日付の効力
・対象となる文書
・手数料

確定日付を活用するケース


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


作成までの流れ


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
・公正証書原案の作成
・公正証書の作成
・私文書の認証


公証役場の手数料について


お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士平塚事務所について
 
(当事務所のホームページ)

行政書士平塚事務所の総合ホームページ


事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー

<公正証書の3つの効力>

公証人の作成する公正証書の効力は、一般の個人が作成する書類に比べるとどこが違うのでしょうか。

公正証書には
①証拠力としての効力
②債務名義としての効力
③心理的圧力としての効力
の3つがあります。

①証拠力としての効力

一般の個人同士で作成される契約書などとは異なり、これらを公正証書にすると、これに記載された内容が公に証明され、真正に成立した公文書との推定を受けます。つまり私人間での契約書などよりははるかに高度の信憑性があるものと考えられるのです。

裁判などのケースで証拠として提出された公正証書は裁判官がこれを証拠として採用できるということです。

②債務名義としての効力(民事執行法)

債務名義とは、それにより強制執行をすることが認められる文書のことをいいます。
強制執行とは、裁判所や執行官といった国家権力の力により、権利の実現を図る手続きのことです。

一般の契約書と公正証書との最大の違いは強制執行できるかどうかにあります。

例えば一般の金銭消費貸借契約書などの場合には、債務者が期限までにお金をかえしてくれなかったら、一度裁判をして通さなければいけませんので大変な労力と費用がかかります。
しかし、公正証書を作成しておくと訴訟の手続きを経なくても、すぐに強制執行に入ることができます。

この債務名義が認められるということが公正証書を作成するうえで重要であり、最も活用されている効力なのです。

しかし、すべての公正証書に債務名義が認められるわけではありません。金銭を支払う債務が、一定数量の代替物(他と替えることのできる物。例、米・麦)・有価証券(株式や債券などの財産的価値のある権利が表されている証券)を給付する債務でなければなりません。
また、公正証書に債務者の「強制執行を受けてもよい」という文言(執行認諾約款)が記載されていなければなりません。

つまり「金銭の一定の額の支払いまたはその他の代替物もしくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求」についての公正証書であってかつ「執行認諾約款」(強制執行受けても文句ないよということ)が記載されていれば債務名義となり、ただちに強制執行できるのです。

③心理的圧力としての効力

上記
①②のように公正証書には極めて強力な証拠としての効力と一定額の金銭の支払いについての公正証書で執行認諾約款があればただちに強制執行ができます。

公正証書を作成した相手方(債務者)に対しても公正証書どおりのことを履行せよという心理的なプレッシャーがかかります。

執行認諾約款のある公正証書があれば約束に金銭支払いが滞った場合には裁判しなくても給料の差し押さえなどの強制執行することが可能になりますし、また裁判での有力な証拠にもなるので相手方としても争うのに不利な状況に追い込まれます。

公正証書があれば相手方もできるだけ約束どおりにやろうという心理的な圧迫を与えることになります。このように金銭の支払いなどのケースで相手方に対して強制執行という事実上の心理的圧力も公正証書の重要な効力でありこれを巧みに活用することで、後々のトラブル・揉め事を避けることができます。

また、公正証書の原本は公証役場に保存されますので紛失・偽造・変造などの心配がないというのも公正証書の効力といえます。


無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。



当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved