離婚協議書、示談書、遺言書、金銭消費貸借などの取り決めを強力な証拠力と執行力のある公正証書にします。
公正証書作成から作成に関する相談まで全国対応で支援します。

行政書士には、法律に定められた「守秘義務」があります。公正証書・契約書作成についてのお悩み
お困り等がありましたら安心してご相談くださいませ。


【私が事務所代表の平塚です】

事務所案内・プロフィールはこちらから
お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ
【当事務所の主な取り扱い業務】 平塚事務所ホームページ  事務所までの地図

離婚協議書 ●遺産分割協議書 ●任意後見契約 示談書 ●公正証書遺言 ●贈与契約 

扶養契約 ●土地賃貸借契約 ●建物賃貸借契約 ●使用貸借契約 ●売買契約 ●金銭貸借

金銭の支払いを目的とする契約 ●金銭消費貸借契約

メール相談 3回・3000円    無料相談 初回のみ  お客様の声


契約書・公正証書作成のお問い合わせ・お申し込み TEL:092-737-8830
  |トップページ問い合わせ・お申込み作成手順作成費用事務所案内

■離婚協議書

■遺産分割協議書

■任意後見契約

■示談書

■公正証書遺言

*福岡県での公正証書遺言作成はこちらから

・遺言の基礎

・遺言書を作成することを
 お勧めするケース


■贈与契約

■扶養契約

■土地賃貸借契約

■建物賃貸借契約

■使用貸借契約

■売買契約

■金銭の支払いを目的とする
 契約

■金銭消費貸借契約

<モデル文例集>

◆遺言書

◆贈与契約

◆賃貸借契約

◆売買契約

◆金銭消費貸借


■強制執行

■公証人手数料

■準備するもの

■作成手順

■作成費用

■お問い合わせ・お申込み

<事務所案内>

<特定商取引法に基づく表示>

<免責事項・プライバシー>

<リンク>

■平塚事務所のサイトマップ

相談・質問などは上記のメールフォーム以外で送信されたメールには原則として対応しいたしません。

どうしても送信できない方のみ下記メールアドレスまで直接お送りくださいませ。
info@syousyo.com

(氏名・住所・電話番号をお願い致します。)

お問い合わせ先
〒810-0073
福岡市中央区舞鶴1丁目4番1号ハイザックビル706号
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太
 (ひらつかけいた)
営業時間 月~土曜日
10時~17時
日曜、祝日休み
電話
092-737-8830
FAX
092-737-8890
福岡県行政書士事務所
登録番号
第06400693号

行政書士は法律で秘密を守る義務が定められております。
安心してご相談・ご依頼ください


■行政書士法第12条■
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする



<公正証書とは何か>

私たちは日常生活の法律上のトラブル発生を事前に予防するために「契約書」や「念書」、「覚書」などを作成することがあります。
事前に契約書等を作成することは事実関係の証明に役立ち、いざ訴訟になった場合に威力を発揮します。しかし、一般の個人が作成したものですと重要な事項を欠いていたり、法律的に意味を持たない取り決めになりかねません。
確実な方法で証明力のある書類を作成することが必要となる場合に活用されるのが「公正証書」です。

「公正証書」とは、公証人が、その権限に基づき厳格な手続きを踏んで作成する書類のことです。

お問い合わせ・お申込み


<公正証書の3つの効力>

公証人の作成する公正証書の効力は、一般の個人が作成する書類に比べるとどこが違うのでしょうか。

公正証書には
①証拠力としての効力
②債務名義としての効力
③心理的圧力としての効力
の3つがあります。

①証拠力としての効力

私人間で作成される契約書などとは異なり、これらを公正証書に
すると、これに記載された内容が公に証明され、真正に成立した公文書との推定を受けます。つまり私人間での契約書などよりははるかに高度の信憑性があるものと考えられるのです。

裁判などのケースで証拠として提出された公正証書は裁判官がこれを証拠として採用できるということです。

②債務名義としての効力(民事執行法22条1項5号)

債務名義とは、それにより強制執行をすることが認められる文書のことをいいます。
強制執行とは、裁判所や執行官といった国家権力の力により、権利の実現を図る手続きのことです。
一般の契約書と公正証書との最大の違いは強制執行できるかどうかにあります。

例えば一般の金銭消費貸借契約書などの場合には、債務者が期限までにお金をかえしてくれなかったら、一度裁判をして通さなければいけませんので大変な労力と費用がかかります。
しかし、公正証書を作成しておくと訴訟の手続きを経なくても、すぐに強制執行に入ることができます。

この債務名義が認められるということが公正証書を作成するうえで重要であり、最も活用されている効力なのです。

しかし、すべての公正証書に債務名義が認められるわけではありません。金銭を支払う債務が、一定数量の代替物(他と替えることのできる物。例、米・麦)・有価証券(株式や債券などの財産的価値のある権利が表されている証券)を給付する債務でなければなりません。
また、公正証書に債務者の「強制執行を受けてもよい」という文言(執行認諾約款)が記載されていなければなりません。

つまり「金銭の一定の額の支払いまたはその他の代替物もしくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求」についての公正証書であってかつ「執行認諾約款」(強制執行受けても文句ないよということ)が記載されていれば債務名義となり、ただちに強制執行できるのです。

③心理的圧力としての効力

上記①②のように公正証書には極めて強力な証拠としての効力と一定額の金銭の支払いについての公正証書で執行認諾約款があればただちに強制執行ができます。

公正証書を作成した相手方(債務者)に対しても公正証書どおりのことを履行せよという心理的なプレッシャーがかかります。
執行認諾約款のある公正証書があれば約束に金銭支払いが滞った場合には裁判しなくても給料の差し押さえなどの強制執行することが可能になりますし、また裁判での有力な証拠にもなるので相手方としても争うのに不利な状況に追い込まれます。

公正証書があれば相手方もできるだけ約束どおりにやろうという心理的な圧迫を与えることになります。このように金銭の支払いなどのケースで相手方に対して強制執行という事実上の心理的圧力も公正証書の重要な効力でありこれを巧みに活用することで、後々のトラブル・揉め事を避けることができます。

また、公正証書の原本は公証役場に保存されますので紛失・偽造・変造などの心配がないというのも公正証書の効力といえます。


◆メール相談

◆契約書・公正証書作成お申込み・お問い合わせ


お客様の声
〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:
info@syousyo.com
CopyRight(C)2006行政書士平塚事務所 All Right Reserved

◆30分出張面談相談
 (福岡市内限定)

費用:3000円

月・水・土のみ

お申込みはお電話で!

092-737-8830


無料相談

お申込み


お客様の声

【お客様の生の声】 他の「お客様の声」もご覧になりたい方はこちらから
◆電子定款作成・認証代行もお任せください! (原則福岡県の方限定)

電子定款作成専門のホームページ ⇒ 電子定款作成支援室

商号・目的の調査から公証人との打ち合わせ、電子定款認証まですべてを代行いたします。

(アメブロ)
「福岡で奮闘中!行政書士の実録ブログ」  

*ブログ毎日更新中です。ぜひご覧下さいませ。

◇ビジネス契約書を作成するときは◇   「ビジネス契約書作成支援室」
 
 事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830

 
 
 事務所での面談相談 30分 3000円 事務所までの地図

 お申込みはこちらから 

 お急ぎの方はお電話でお申込みください。TEL 092-737-8830

 

◆当事務所運営サイト   (行政書士平塚事務所のホームページ)

○会社設立支援室  ○合同会社設立支援室  ○電子定款作成支援室

○定款変更・議事録作成支援室   

○事業資金調達支援室  ○事業計画書作成支援室 ○風俗営業許可申請支援室

○「離婚協議書」の作成に「公正証書」を活用!  ○示談書作成支援室

○遺産相続手続支援室    ○相続対策支援室 ○自動車相続支援室

○遺産分割協議書作成支援室   ○公正証書遺言作成支援室

○公正証書作成支援室    ○任意後見契約支援室  

○金銭貸借契約書作成支援室 ○即効!「内容証明郵便」活用